科研費による日韓/韓日対話企画(第二弾:7月30日、第三弾:9月17日)開催のお知らせ【7月27日追記】

①韓国における教育機会平等保障の主張と運動
―韓国教育学会キム ソンヨル前会長の論考をもとにした対話―

2022年7月3日(日)13:00-16:00 (終了しました。)

②高等教育無償化に係る法制と諸方策
―前韓国教育行政学会会長/元大韓教育法学会会長コ ジョン教授の論考をもとにした対話―

日時:2022年7月30日(土)13:00-16:00

③ヒューマンライツとしての国際人権規約
~漸進的無償化の国際公約から10年~

2022年9月17日(土)13:00-16:00


日韓/韓日対話企画が下記の通り開催されます(第三弾)。

③ヒューマンライツとしての国際人権規約
~漸進的無償化の国際公約から10年~

日時:2022年9月17日(土)13:00-16:00
場所:オンライン開催(参加費無料・要事前登録)
申込:https://forms.gle/EJ8gCahrinZHnzPw7

ヒューマンライツの視点から:戸塚 悦朗氏(弁護士/龍谷大学法科大学院元教授)
「「漸進的無償化」留保撤回10年を迎えるにあたって : 国際人権法の立場から」
日本語 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/handle_kernel/81012876
韓国語 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/handle_kernel/81013004

公共資産としてのレガシーの観点から:水岡 俊一氏(参議院議員)
「中等・高等教育の漸進的無償化への道」
日本語 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/handle_kernel/90009286

国際人権法研究の立場から:申 惠丰(シン ヘボン)氏(青山学院大学教授/法学部長)
「国際人権規約(社会権規約)における教育権とその実現 :
社会権の権利性の観点から」
日本語 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/handle_kernel/90006752

詳細はこちらのPDFをご覧ください。

20220917対話企画③ヒューマンライツとしての国際人権規約

主催・問合せ:研究代表者 渡部昭男(大阪成蹊大学(特別招聘教授)、元神戸大学)
awtnb2188@gmail.com


7月30日対話企画第二弾の日程が近づいてきました。

〇7/3対話企画第一弾の当日資料
40余名の参加を得て興味深いテーマで対話が進みました。
当日資料を神戸大学学術成果リポジトリKernelにアップしました。
・企画案内チラシ
日本語 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/handle_kernel/90009449
韓国語 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/handle_kernel/90009450
渡部昭男基調提案
日本語 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/handle_kernel/90009451
韓国語 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/handle_kernel/90009452
・キムソンヨル報告
日本語 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/handle_kernel/90009453
韓国語 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/handle_kernel/90009454
・尾﨑公子報告
日本語 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/handle_kernel/90009455
韓国語 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/handle_kernel/90009456
・・・・
〇7/30対話企画第二弾のチラシ修正版
案内チラシの修正版を添付します。

改訂版 日本語20220730対話企画②高等教育無償化の法制と諸方策

7/3企画の余韻もあって、事前登録が30人を越えました(定員はありません)。
下記に事前登録下さいますとZOOM招待が入手できます。
https://forms.gle/nN1ctfe6Bo4T2gwk7


7月3日対話企画第一弾の日程が近づいてきました。

  • 共同司会役として北海道大学の光本滋氏(高等継続教育)が加わります。
  • 基調提案(渡部昭男)の資料が出来ましたので事前にご案内いたします。
    改訂 基調提案(渡部)20220703 PDF
  • 当日は韓国の研究者も数名参加します(通訳付きの企画です)。
  • 参加希望の場合は事前登録下さいますZOOM招待URLが入手できます。
    https://forms.gle/9HkcENcQeAKffQkW6

詳細はこちらのPDFをご覧ください。

修正版20220703対話企画①韓国の差別的教育解消の歩み

主宰者:渡部昭男(元神戸大学/大阪成蹊大学)


日韓/韓日対話企画が下記の通り開催されます。

①韓国における教育機会平等保障の主張と運動
――韓国教育学会キム ソンヨル前会長の論考をもとにした対話――

日時:2022年7月3日(日)13:00-16:00
場所:オンライン開催(参加費無料・要事前登録)
申込:https://forms.gle/9HkcENcQeAKffQkW6

基調提案:渡部昭男(研究代表者)
「これまでの漸進的無償化科研の経緯と日韓/韓日の対話企画の提案」
日本語 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/90007500.pdf
韓国語 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/90007501.pdf
翻訳/通訳:ユン テウ氏(北海道大学大学院生)

韓国側論考:キム ソンヨル(Kim Seong-Yul)氏(慶南大学校教授/前韓国教育学会会長)
「1980 年代の韓国での差別的教育解消主張の再吟味:教育機会の平等の観点から」
日本語 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/81012475.pdf
韓国語 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/81012474.pdf
翻訳/通訳:肥後 耕生氏(豊岡短期大学講師)

日本側論考:尾﨑 公子氏(兵庫県立大学教授)
「韓国における地域間教育格差の是正策:農村教育への着目」
日本語 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/90008815.pdf
韓国語 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/90008856.pdf
翻訳/通訳:伊藤 浩子氏(慶北大学社会科学研究院専任研究員)

詳細はこちらをご覧ください
20220703対話企画①韓国の差別的教育解消の歩み

②高等教育無償化に係る法制と諸方策
――前韓国教育行政学会会長/元大韓教育法学会会長コ ジョン教授の論考をもとにした対話――

日時:2022年7月30日(土)13:00-16:00
場所:オンライン開催(参加費無料・要事前登録)
申込:https://forms.gle/nN1ctfe6Bo4T2gwk7

韓国側論考:コ ジョン(Ko Jeon)氏(済州大学校副総長・前韓国教育行政学会会長・元大韓教育法学会会長)
「韓国の高等教育の漸進的無償化関連法制整備現況及び特徴」

日本語http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/81012477.pdf
韓国語http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/81012476.pdf
通訳/翻訳:ユン テウ氏(北海道大学大学院)

日本側論考:丹羽 徹氏(龍谷大学教授/日本教育法学会事務局長)
「高等教育無償化と日本国憲法」
日本語http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/90008889.pdf
韓国語http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/90009093.pdf
通訳/翻訳:ユン テウ氏(北海道大学大学院生)

戦略提案 :尹 敬勲(ユン ギョンフン)氏(流通経済大学教授)
「韓国の大学主導の無償化戦略と大学経営」
日本語http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/90008566.pdf
韓国語http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/90008567.pdf
通訳/翻訳:尹 敬勲氏(兼務)

詳細はこちらをご覧ください
20220730対話企画②高等教育無償化の法制と諸方策

主催・問合せ:研究代表者 渡部昭男(大阪成蹊大学(特別招聘教授)、元神戸大学)
awtnb2188@gmail.com