関東地区

2014年度 関東地区研究活動計画

代表理事氏名 清水一彦

企画趣旨・実施時期など

1.企画趣旨
 昨年度に企画・実施した公開シンポジウム「見えない学力格差の是正-子どもの放課後の学びの支援」を受け継ぎ、現在、大学教育改革において大きな課題の一つになっている学生の主体的な学びとしての「能動的学修」の問題をテーマに公開シンポジウムを開催する。

 周知のように、平成25年6月に閣議決定された第2期教育振興基本計画において、大学教育の質的転換が取り上げられ、そのための学修時間の実質的な増加・確保が課題となっている。今年度にはそのための事業として新たに「大学教育再生加速プログラム:通称AP事業」も開始されることになった。本シンポジウムでは、「学習」と「学修」の基本概念について教育学的検討を加えるとともに、能動的学修としてのアクティブ・ラーニングの考え方や技法を明確にしながら、主体的な学びや深い学びを保証する学修支援の方策を提示していきたい。

2.公開シンポジウムの概要
テーマ「大学教育における能動的学修を考える-学びの学修支援のあり方-」

(時期)平成27年3月予定 (時間)午後1時~午後5時
(会場)筑波大学東京キャンパス講義室 (共催)筑波大学ほか(予定)
(内容)
  基調講演:溝上愼一(京都大学准教授)予定
  話題提供者:大宮 登(高崎経済大学教授)予定
      池内健治(自由が丘産能短期大学副学長)予定
      関東地区理事1名 予定
  進行・まとめ:清水一彦