北海道地区

日本教育学会北海道地区 公開シンポジウム (北海道教育学会共催、室蘭工業大学後援)

詳細・印刷はこちら

テーマ:地域連携と大学――室蘭工業大学の事例から――

担当理事:姉崎洋一(北海道大学(名))・庄井良信(北海道教育大学)

コーディネーター:前田潤(室蘭工業大学)

世 話 人:姉崎洋一・篠原岳司(北海道大学)・阿知良洋平(室蘭工業大学)

日  時:2018年3月3日(土)13:30~16:30

場  所:室蘭工業大学・教育研究1号館・C107室

アクセス:

(1) JR東室蘭駅・東口より〈循2〉鷲別経由・工大行き、「工大」下車(約20分)。
(2) JR東室蘭駅・西口より〈6〉ろう学校行き、「工大」下車(約20分)。(東口(1時間に2本程度)と西口(1時間に1本)に分かれて発車しております。下記HPにて事前に時刻を確認することをおすすめいたします。)
http://donanbus.co.jp/muroran/

(3) JR東室蘭駅・西口より、タクシー乗車、約15分

備考:どなたでも自由に参加できます(無料)。

問合せ先:北海道教育学会事務局
HSSE_office□edu.hokudai.ac.jp(□を半角@にしてください)

<趣旨>

シンポジウムでは、室蘭工業大学の「地域連携」に関わって、地域の声・学生の声に真摯 に耳を傾けてきた4人の方々に登壇して頂く。まずは、地域のニーズや現状と大学とをどのようにつないでこようとしてきたのか、していこうとしているのかについて、それをめぐる葛藤や成果、課題などを率直に自由に出してもらいたい。そこでは、研究者が生み出す新技術が地域の内発的な力と結びつく過程の葛藤、学生と農家の相互作用のなかから生まれる技術や社会あるいは生き方の問い直し、地域の暮らしの悩みを率直に出しあえる関係性を築く手がかりなど、多様な実践知が出されるだろう。会場全体のみなさんのお力をお借りして、これらの事例の持っている魅力をさらに引き出し、真の意味でボトムアップな地域づくりを支える大学の「連携」のあり方、およびそこで生まれる教育のあり方について、何らかの輪郭を掴んで行ければ幸いである。

<プログラム>

報告1:「新技術導入と地域住民」
板倉賢一(室蘭工業大学)

報告2:「室蘭工業大学と新冠農業実習」
松本健 (新冠町農家) 澤田紋佳(室蘭工業大学)

報告3:「大学で芽吹く市民が学び合う自主講座―シェアリング教育研究会の取り組み」
今野博信(学泉舎・ 室蘭工業大学(非常勤))

コメンテーター :山本健慈(国大協・専務理事、元和歌山大学長)

司  会: 前田潤・姉崎洋一

 

日本教育学会北海道地区 2017年度公開講演会(終了しました)

印刷用ポスターはこちら

[テーマ]中教審答申と教師教育改革の課題

[日時]2017年9月24日(日)13時30分~16時30分 (開場13時)

[会場]北海道大学 人文・社会科学研究棟4階 W410教室
(札幌市北区北9条西7丁目)

https://www.hokudai.ac.jp/introduction/campus/
campusmap/151105sapporo_map.pdf
 (ご来場は公共交通機関をご利用ください)

*一般公開・参加費無料。学会会員以外の方もご参加いただけます。

<趣旨>

2015(平成27)年の中央教育審議会答申「これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について一学び合い,高め合う教員育成コミュニティの構築に向けて」を受けて,教員の養成・採用・研修の一体的な制度改革が,国家レベルでも,地域レベルでも議論されている。都道府県,政令指定都市の教育委員会単位で「教員育成協議会」が設置され,「教員育成指標」などの再検討が始まり,高度な専門職としての教職に求められる専門性基準が国家レベルで整序され始めている。その一方で,道内各大学・大学院においても,生涯にわたって学び続ける高度な専門職としての教師像が探究され,それに相応しい学習環境の構築や多様な教師教育実践の蓄積も進みつつある。いま北海道の教師教育は,養成・採用・研修の一体的改革と,学び続ける教師の包括的な支援にどのような展望を切り拓いていけるのだろうか。今回は、高野和子氏をお招きして、教師教育改革についてお話しをうかがい、参加者と共に学び合いたい。

<プログラム>

[講演]教師教育改革の現在を考える-イングランドを参照しながら-
高野 和子(明治大学)
[コメント]中学・高校の教師教育の観点から
大野 栄三(北海道大学)
[司会]庄井良信(北海道教育大学)・横井敏郎(北海道大学)