近畿地区

2017年度公開講演会「近畿地区における教員養成等を巡る諸課題」

担当理事:船寄俊雄/渡部昭男[神戸大学]

印刷用PDFはこちら

日時:2017年12月16日(土)13時~16時半

場所:神戸大学発達科学部「大会議室」(A棟2階)
http://www.kobe-u.ac.jp/guid/access/rokko/turukabuto-dai2.html
(神戸大学 鶴甲第2キャンパス 学部正門を入って正面の建物)

アクセス:阪神「御影」駅、JR「六甲道」駅、阪急「六甲」駅より
→神戸市バス36系統鶴甲団地行、鶴甲2丁目止まり行き乗車
「神大人間発達環境学研究科前」下車
http://www.h.kobe-u.ac.jp/ja/node/1933

備 考:どなたも自由に参加できます(事前申し込み不要/無料)。
会場周辺に食堂はありません。昼食を済ませてからお越し下さい。

内容

講演者:
渡辺  恵子 氏(国立教育政策研究所教育政策・評価研究部長/(併)幼児教育研究センター長/前東京学芸大学/国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議委員)
「(仮)有識者会議報告書(2017.8.29)を読み解く:内部質保証との関係を中心に」

吉岡 真佐樹 氏(京都府立大学/日本教師教育学会近畿地区理事)
「(仮)一般大学における教員養成等を巡る諸課題」

趣旨:
「国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議」から「教員需要の減少期における教員養成・研修機能の強化に向けて」と題した報告書が出された(2017年8月29日)。この報告書及び会議での審議内容、東京学芸大学が進める「日本型教員養成教育アクレディテーション・システムの開発研究」を一つの素材に、近畿地区における教員養成等を巡る諸課題を明らかにする。

司会:渡邊 隆信(神戸大学)、山下 晃一(神戸大学)

主催:日本教育学会近畿地区(担当理事:船寄/渡部[神戸大学])

後援:神戸大学発達科学部人間形成学科教育科学論コース/同国際人間科学部子ども教育学科